希望のお部屋を探すには〇〇な時期が大切だって知っていましたか?

>

実は9月も多くの人が引っ越しをする

移動するのが社会人が多いからこそ

3月と違って9月に引っ越しをされる方は社会人の方が多いです。そのため、比較的ですがワンルームなどの単身者向けよりも2LDKなどのファミリータイプの部屋が多く出回ります。ご家族をお持ちの方はもちろんですが、一人でも広い部屋に住みたい希望を持っている方は9月に部屋探しをされると良い物件に巡り合えたりします。

また多くの方が夏休みは8月に取りますので、ちょっと早めに引っ越したい地域を訪れてみて実際の町の雰囲気はどうなのかなどの下調べをしやすいのも9月の部屋探しの特徴です。人事異動などの理由で強制的に日程を組まなければならないため、慌ただしい3月の引っ越しシーズンに比べて、じっくりと希望のお部屋を探したい方におすすめしたいのが9月の部屋探しです。

年々熱くなる日本の夏、熱中症に気を付けて

最近では9月や10月になっても気温が高い日が多くなりつつあります。この時期の引っ越しで最も気を付けて欲しいのが熱中症です。特に荷物を片付けてしまうと扇風機なども使えなくなってしまいますので、できれば扇風機などの部屋や体を冷やすための機器は引っ越しの最終日に荷造りしていただくのがよろしいと思います。

せっかく希望の部屋に引っ越すのに熱中症で倒れてしまっては意味がありません。引っ越し作業をされた方は判ると思いますが、部屋中の荷物を片付けて荷造りをするのは大変な重労働です。ただでさえ汗をかきやすいのにエアコンや扇風機を使わなければ命の危険もありますので、くれぐれも体調に気を付けて少しでも立ち眩みなどを起こしたら無理をしないようにしましょう。


この記事をシェアする